クロロフイル化粧料

お肌を「美しく見せる化粧」から「美しくする化粧」へ 毎日おこなう化粧だからこそ、美顔教室では化粧方法に10年後のお肌の美しさを大切に考えた「こだわり」を持ち続けています。

3月ごろから紫外線量が急激に増えてきます。紫外線は、シミ・そばかすなどの見た目への悪影響はもちろん、肌機能の低下にもつながります。キレイな肌を保つためにも、日々の日焼け対策をしっかりしていきましょう。

週に一度は洗い流すタイプの薬用パックでお手入れを‥。お肌をキュッとひきしめてリフレッシュ!お顔の他に、腕・首などにもおすすめ!

肌が十分潤っている状態とは? クロロフイル化粧料を使ったメインのお手入れ「パスターパック」の意味をお伝えします

紫外線防止剤には、大きく分けて、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のの2種類があります

クロロフイルから新しい日やけ止め美容液が発売されました。 「どんなシーンでも汗・水に負けない、くずれにくい」 「アルコールフリー」 「無香料」 クロロフイル日興製薬デイリーUVガード50+(ぷらす) 30ml 3,400円(税抜き)

さて、肌トラブルの原因となる「乾燥」、どう対応されています? 夜のスキンケア、乾燥対策としておすすめの「栄養クリーム2種」のご紹介です! 脂性肌の方、乾燥肌の方、それぞれの肌質にあった栄養クリームを。

夏から秋へのこの季節、肌の水分量を調節することはとても大切です。 クロロフイルでは、化粧水をガーゼに含ませて使います。 美顔に適した皮脂に親和性のあるローションは、 皮脂になじんで皮表に拡散しヒフの保護に役立ちます。 コットンでは、大切な皮脂膜をつくる皮脂を遊離してコットンに吸着させます。 乾くと皮表には塩類がそのまま多く残って皮脂膜に異常をきたし、肌アレのもとになります。 (正) 化粧水をガーゼに含ませる際の正しい使い方は、ガーゼの面に、ビンの口(穴)を直接接触させないようにしてください。 (誤) ガーゼの面に、ビンの口(穴)が直接接触すると、ガーゼに浮かせて取った化粧の油分が、ビンの口から化粧水内に引き込まれ、化粧水全体に白い霧のように分散することがあります。 正しい使い方を身に着けて、肌荒れからお肌を守りましょう。