キレイを極める、美白肌。憧れを現実に、輝く肌へ。アルギン酸パック+美白美容液+イオン導入。スタッフによる顔と首のお手入れが1回2,800円(税抜き)※これからの季節にピッタリ、気持ちいいですよ!

梅雨入りしてからの日中の暑さは、湿度と相まってこたえますね。汗の上手な始末のしかたが、お肌への刺激を防ぎます。雲の合い間からの陽射しは紫外線が思ったよりも強く、あっという間に日焼けをしてしまいます。お気をつけあそばせ!

健康・美容 · 2019/06/12
枝豆は、夏の日差しから肌を守ってくれる!?...【当コラムは2012年9月~2015年3月発行のメルマガに掲載されたものです。】

皮膚のしくみ · 2019/05/27
スキンケアと同じくらいヘアケア(頭皮ケア)に気を遣っていますか?例えば顔にニキビができる人では、多くの方が頭皮も脂漏状態にあります。頭皮のケアをせずに顔のニキビのお手入れをしても効果が出にくかったり、せっかくきれいになってもすぐに再発してしまったりします。

健康・美容 · 2019/05/02
みなさま、令和もどうぞ変わらず宜しくお願いいたします。アウトドアBBQに女子力アップの食材とは?... 【当コラムは2012年9月~2015年3月発行のメルマガに掲載されたものです。】

ニキビや肌アレなどのトラブルを防ぎ、キメの整った、しなやかな肌質に。お手入れには欠かせない緑のパスターをパックとして使う場合のコツどころをご案内します。

健康・美容 · 2019/04/01
サヤエンドウとグリーンピースは同じ豆!...【当コラムは2012年9月~2015年3月発行のメルマガに掲載されたものです。】

皮膚のしくみ · 2019/03/25
頭髪が顔に触れるとその毛先が刺激となって、刺激閾値(しげきいきち)の低い人では毛漏斗(もうろと)が過角化を起こして、毛孔(毛穴)をふさぎやすくなります。また、手で頬杖をついたり、いじったりするとこれも毛漏斗部位への刺激となって毛孔(毛穴)をふさぐ原因になります。ニキビのお手入れ中は特にヒフを押さえたりこすったりしないこと、マッサージをしないこと、などの日常生活での注意が必要です。

皮膚のしくみ · 2019/03/16
「黄色人のヒフを保護(予防)する化粧方法のおさらい。・白人よりもデリケートな黄色人のヒフをまもるために開発された膏薬療法の使い方を発展させた化粧法です。・汗の分泌、皮脂の排出、ヒフ呼吸など、ヒフの生理条件を妨げない「網目の化粧」に仕上げるので、1日中軽くて気持ちがいい化粧でいられます。・有害な紫外線を散乱して、お肌を紫外線から守ります。

皮膚のしくみ · 2019/03/12
●乾燥肌(乾性肌)‥皮脂腺、水分量ともに少ない肌です。かさついて肌アレをおこしやすい状態、またはすでに肌アレをおこしている状態です。近年、乾燥肌が増えていて、冬になるとこの傾向は強まります。エアコンによる室内空気の乾燥など生活環境が原因の一つですが、この他、間違ったお手入れによるもの、紫外線の浴びすぎによることもあります。

さらに表示する