· 

シミ・くすみ対策

シミと色素沈着の関係

紫外線や炎症、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、化粧品の間違った使用方法などで肌アレを繰り返していると表皮の一番下の基底層にあるメラノサイトが活性化してメラニン色素をつくり続けるようになります。
色素沈着といっても、その種類と原因にはさまざまな種類があります。

 

●シミ
シミは思春期以後の女性に多く、褐色から黒褐色の境目がはっきりした色素斑で形や大きさはさまざまです。妊娠や経口避妊薬の長期服用、月経不順、心配事などのストレスからでもシミができることがあります。シミは紫外線で悪化するため、適した化粧品を上手に使って紫外線を防ぐことが肝要です。

 

●ソバカス
ソバカスは遺伝的な体質でできる生まれつきのもので、後天的にできるシミとは全く異なります。
3歳ごろから顔、肩、腕などに見られ、成長とともに増える傾向がありますが個人差も大きいようです。 ソバカスは紫外線照射の影響で表皮のメラニンの色が濃くなるためにソバカスの数が増えたように見えます。紫外線の強い春から夏にかけて目立ち、秋から冬にかけて目立たなくなります。普段から日ヤケ止めを使用して紫外線を防ぐことが重要です。

 

 

メラニンを作る因子は?

1. 紫外線
紫外線がヒフにあたるとメラノサイトがすばやく感知して紫外線を防御するために大量にメラニンを作りだします。また、周りのケラチノサイト(角化細胞)からもメラノサイト活性化因子が放出され、メラニンがつくられるようになります。シミ、ソバカスなどの色素沈着症は紫外線によって悪化します。

 

2. 機械的刺激
白人と違って黄色人のヒフでは、押えてこするような化粧品の使い方をして肌アレを繰り返していると色素沈着を生じることがあります。

 

3. 炎症などの刺激
黄色人のヒフは、炎症などでヒフが赤くなるとその後で必ず黒く色素沈着を起こすため、白人のヒフを施術する美容法として開発されたケミカルピーリングなどにも注意が必要です。

 

4. ホルモン
黄体ホルモンや卵胞ホルモンの分泌が増えるとメラニンの産出を増加させシミの原因となることがあります。この他過労や精神的ストレスがたまると自律神経に変調をきたしホルモンバランスにも悪影響を及ぼしてシミをつくることがあります。

 

上手な紫外線対策

1. 顔や体にはノンケミカルタイプの日ヤケ止めを塗りましょう。
美顔教室では、紫外線対策としてパスターを使った保護する化粧と、高い紫外線防御効果をもち肌に負担を掛ける紫外線吸収剤を一切使用していないノンケミカルタイプの日ヤケ止めをおすすめしています。

 

●SPFとは・・・UVBの防止効果の指標となります。
SPF値×20~25分=紫外線防止時間 になりますからご自分が使用しているSPF値を知りましょう。
(例)SPF30×20~25分=10~12.5時間、ヒフが赤くなるのを防ぎます。しかし実際には汗で流れたり、ハンカチで拭いたりすると防止時間が短くなりますのでこまめに塗ることが必要です。

 

●PAとは・・・UVBをどれくらい防止できるかという目安です。
PA+    効果がある
PA++   かなり効果がある
PA+++  非常に効果がある
PA++++ 極めて効果が高い

 

2. 一定時間ごとに日ヤケ止めは塗りなおしましょう。

3. 日傘や長袖の服で上手に紫外線をカットしましょう。

4. 朝起きたら日に当たる前に、化粧をして紫外線からヒフを守りましょう。

5. 室内や車内でも窓越しの紫外線に注意しましょう。

 

もっと具体的な紫外線対策

春の訪れとともに紫外線の量が増え、肌トラブルも一番多くなる時です。

●UVに有効なビタミンC
紫外線対策に有効なビタミン。中でもビタミンCは紫外線によって作られる活性酸素を抑える働きがあります。サプリメントなども効果的ですが、果物や緑黄色野菜をこまめにとるように心掛けましょう。ゴマやナッツに含まれるビタミンEも大切な要素です。

●紫外線の量は午後3時までがピーク
外に出掛ける時は、徹底的な対策で紫外線を予防しましょう。紫外線は、UVAとUVBがあります。肌を黒くさせて、シミやそばかすの原因となり、肌の老化を進めるのがUVAで、3月から増え始め、5~8月までピークを迎えます。肌を赤くさせる日焼けを引き起こすのはUVBで、8月がピーク。紫外線量は午前9時以降から午後3時までが増加の時間帯。外出を控えるのが最も有効ですが、洗濯物を干したり、犬の散歩をしたりするほんのわずかな時間でも忘れずに日焼け止めクリーム(サンスクリーン剤)や保護する化粧をしましょう。

SPF値はその値に25を掛けた数が、紫外線防止時間の目安です。SPF値の高いものは、肌にアレルギーを起こす人もいるので、顔に塗る前に腕の内側でパッチテストをしましょう。肌に負担の少ないノンケミカルタイプがお勧めです。日常生活ならSPF 10~20程度で十分ですが、紫外線の強い海や長時間外にいる場合は30以上のものを使用します。

さらに日傘やサングラス、帽子を身に付け、首周りもスカーフなどで予防しましょう。日ごろの心配りがシミを未然に防ぐ近道です。

●春は乾燥も引き起こす
汗をかきやすくなる春は、乾燥しないと思っている人が多いのですが、実は汗をかいたままの皮膚にエアコンなどが当たって、乾燥してしまうのもこの時期。肌には過酷な状況です。潤いをたっぷりと補給することが大切です。
特に乾燥が気になる目の周り、口元のケアは念入りに。

●春紫外線だけではない「しみ」の原因
一度できてしまったしみを消すのは難しいので、とにかくできないようにケアするのが肌には最善の方法です。紫外線だけでなく、誤ったにきびの手入れによる色素沈着や生活リズム、急激なダイエット、精神的なストレスなどが引き金になっても起きてしまいます。
皮膚の外側からだけでなく、内側からも注意して、肌や心身にストレスを与えない規則正しい生活を心掛けて、美肌をまもりましょう。

 

シミ・くすみ対策: クロロフィル美顔教室のベーシックケア

1. ヒフを保護する“網目のお化粧”(ヒフを覆っている皮脂膜も実は網目になっています)

 

一般のお化粧は汗や皮脂などで化粧くずれを起こさないように丈夫な膜をつくりますが、この膜のお化粧は、汗や皮脂の通り道をふさいでしまうので重苦しい上に却って化粧がくずれやすくなってしまいます。

 

網目のお化粧は、お肌をこすらずパッティングで仕上げるため、お化粧が網目状になります。 網目の下地ができる為、汗や皮脂を押さえ込まず、ヒフの呼吸を妨げないので付け心地が軽く、化粧くずれがありません。

 

膏薬療法を応用発展させてつくられた網目のお化粧方法は、紫外線や外界の様々な刺激などのトラブルからお肌を守り、アンチエイジングにも最も適したお化粧方法といえるのです。

 

 

2. パスターパック

 

パスターパックとは、ヒフの細胞を賦活化する(細胞に活力を与える、元気を出させる)優れたパック法で、 パックした後はお肌に「ハリ」と「潤い」と「艶」が出て、ヒフが「より白く肌理の細かい理想的な艶のある若々しい状態」になります。

 

また気になる「毛穴の開き」も「緩和な収斂しゅうれん作用」とヒフに「ハリ」が出ることによって改善できますから、お客様に、より大きな満足感をお持ちいただくことができます。

 

 

シミ・くすみ対策: クロロフィル美顔教室のスペシャルケア

 

●イオン フェイス&ネックケア

 

3つのプロセスにより美白効果だけでなくニキビに対する効果も実現できるお手入れです。
1回 2,800円(税抜き)

 

 

●イオンCケア

 

 

ビタミンC誘導体の効果をあますところなく引き出すことができるお手入れです。イオン導入することでニキビケアに有効なビタミンC誘導体を効果的に皮内に取り込むことができます。

 

 

株式会社カネ加 〒500-8226 岐阜県岐阜市野一色4-1-2 

教室案内・お手入れ、無料体験のご予約などお気軽にご連絡下さい。

TEL : 0120-41-9662

月~土曜日 9:00~17:30