カテゴリ:しわ・シワ



皮膚のしくみ · 2020/08/28
私たちの身体の中には、活性酸素から身を守るシステムが備わっています。一つは体内で作られる活性酸素を消去する酵素(スーパーオキシトディスムたーぜ(SOD)、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシターゼなど)、もう一つは体外から取り入れる食品中の抗酸化物質です。この抗酸化物質はヒフや体の中にできてしまった活性酸素を消去するために消費されてしまいます。

クロロフイル化粧料は、素手ではなく、ガーゼを使って化粧水を使います。ガーゼを使う理由は、化粧水を十分に含み、お肌のすみずみまで均一にたっぷりと届けると同時に、大切なお肌に付いている汚れ、アカとなって剥がれ落ちる角質や老廃物などをガーゼが吸着して取り去ってくれるからです。

美白(メラニン 生成を抑え、日やけによるしみ・そばかすを防ぐ)の先へ。願いを叶える。うるおいに満ちた、明るくクリアな素肌に。 美白にアプローチ◎透明感 ◎黄ぐすみ(加齢により肌の赤みが低下し、黄みが強くなるくすみのこと) ◎シミ 保湿をアシスト(プラセンタエキス、エクトイン、シロククラゲ多糖体、トレハロース)

2020年は1月からスタート! ご紹介者もスタートされる方にもプレゼント! あなたの周りで悩んでいる方のために。お一人で悩んでいるあなたのために。クロロフイル美顔教室では、そんな皆様を全力でサポートします。一人ひとりに合ったお手入れ方法を、一緒に探していきましょう。

梅雨入りしてからの日中の暑さは、湿度と相まってこたえますね。汗の上手な始末のしかたが、お肌への刺激を防ぎます。雲の合い間からの陽射しは紫外線が思ったよりも強く、あっという間に日焼けをしてしまいます。お気をつけあそばせ!

ニキビや肌アレなどのトラブルを防ぎ、キメの整った、しなやかな肌質に。お手入れには欠かせない緑のパスターをパックとして使う場合のコツどころをご案内します。

皮膚のしくみ · 2019/03/16
「黄色人のヒフを保護(予防)する化粧方法のおさらい。・白人よりもデリケートな黄色人のヒフをまもるために開発された膏薬療法の使い方を発展させた化粧法です。・汗の分泌、皮脂の排出、ヒフ呼吸など、ヒフの生理条件を妨げない「網目の化粧」に仕上げるので、1日中軽くて気持ちがいい化粧でいられます。・有害な紫外線を散乱して、お肌を紫外線から守ります。

化粧水はその使い方でそのあとに使う製品の効果を引き上げることができるのです

「クロロフイル美顔教室」って、いったいなあに?どんなところ?など、よくある質問とその回答を集めました。

お肌の悩み · 2018/06/30
お肌の四大トラブルの「シワ・たるみ」について

さらに表示する