カテゴリ:肌荒れ・肌アレ



「保護化粧」をしてマスクによる肌アレを防ぎましょう
あなたの肌アレの原因はマスク? クロロフイルの「保護化粧」はマスクによる刺激からお肌を守ります。

デリケートなお肌のあなたへ
必要以上の石けん洗顔はお肌を保護するための必要な皮脂までとってしまうので、ヒフ面の細菌抵抗力を弱め、ニキビの化膿を促進してしまいます。また、脂性肌の人が皮脂をおさえられると思って使っている石鹸や洗顔クリームは、より多くの皮脂の排出を促すことで、かえってニキビができやすくなったり、毛孔を大きく広げ、夏ミカンの肌のように見苦しくさせてしまうことがあります。

ウィズコロナで口周りの「ニキビ」や「かゆみ」「肌荒れ」などの肌トラブルが起きてしまった方々が増えています。これまでのスキンケアを見直してみましょう。敏感肌用のスキンケアへの切り替えも検討しませんか。

パスターパックは、ヒフの細胞に活力を与え、元気を出させる優れたパック法です。ニキビ、シミ、肌アレなどの皮膚トラブルを改善し、トラブルのない肌にもハリ、潤いを与え、キメの整ったしなやかな肌をつくります。

新生活を始められる方、クロロフイル美顔教室でお悩みを解消してみませんか?クロロフイルはニキビ、シミ、肌アレ、カブレ、シワなどの顔の文化病でお悩みの皆様に支持されています。

皮膚のしくみ · 2019/03/25
頭髪が顔に触れるとその毛先が刺激となって、刺激閾値(しげきいきち)の低い人では毛漏斗(もうろと)が過角化を起こして、毛孔(毛穴)をふさぎやすくなります。また、手で頬杖をついたり、いじったりするとこれも毛漏斗部位への刺激となって毛孔(毛穴)をふさぐ原因になります。ニキビのお手入れ中は特にヒフを押さえたりこすったりしないこと、マッサージをしないこと、などの日常生活での注意が必要です。

皮膚のしくみ · 2019/03/12
●乾燥肌(乾性肌)‥皮脂腺、水分量ともに少ない肌です。かさついて肌アレをおこしやすい状態、またはすでに肌アレをおこしている状態です。近年、乾燥肌が増えていて、冬になるとこの傾向は強まります。エアコンによる室内空気の乾燥など生活環境が原因の一つですが、この他、間違ったお手入れによるもの、紫外線の浴びすぎによることもあります。

天然の誘導体であるクロロフィルは弱アルカリ性(+)で安定している物質です。従って、これを配合するローションは(+)にできています。クロロフィルは薬理作用として傷面乾燥作用・傷面の肉芽増殖作用・求心性治癒現象・最近繁殖阻止作用などがあり、ニキビや肌アレを手当した人はだれでも効果を経験していることと思います。これが薬用クロロフイル化粧水の特徴です。

毎日のお手入れは、肌をいたわるクロロフイル。素肌に心地よく、ホッとするスキンケアを‥

お肌の悩み · 2018/03/20
「乾燥」はすべての肌の悩みの根源です。つまり、乾燥を改善することが多くの肌トラブルを防ぐ近道です。

さらに表示する