ブログカテゴリ:クロロフイル美顔教室



植物において光合成(光エネルギーを利用して水と二酸化炭素から酸素と糖分を合成する)という非常に重要な働きをする天然葉緑素は緑葉から抽出することができますが、そのままの形では水に溶けず、とても不安定な物質のため‥

一般定義の【化粧品】とは? 石鹸、化粧水、乳液、クリームなどのように肌を清潔にし整えることを目的とする基礎化粧品と、ファンデーション、紅(べに)、アイシャドー、マニキュアのように、色調によって肌色や立体感を調節する仕上げ用(メーキャップ)化粧品、さらに頭髪用化粧品、芳香用化粧品、薬用化粧品(医薬部外品)などに分類される。 化粧品の同義語に化粧料があるが、歴史的に両者を区別して使った方が理解しやすい。

こどもがニキビで悩んでいる‥。そんな皆様を、クロロフイルがサポートします。まずはお子様と、美顔教室へいらしてください。お子様に合ったお手入れ方法を、一緒に探していきましょう。

「クロロフイル美顔教室」って、いったいなあに?どんなところ?など、よくある質問とその回答を集めました。

ニキビ・シミ・肌アレに‥クロロフイル化粧料/美顔教室 クロロフイルの化粧品をお取り扱い頂く店舗のオーナー様や美顔師の先生方が集まる全国美顔師大会は、「日本美容医学研究会」の会長である新潟大学名誉教授の伊藤雅章先生、副会長である伊藤皮膚科クリニック院長の伊藤薫先生の貴重なご講演を視聴できる場でもあります。 2018年は60回目の全国大会、初期の頃の展示物やその様子の一部をご紹介します。

お肌を「美しく見せる化粧」から「美しくする化粧」へ 毎日おこなう化粧だからこそ、美顔教室では化粧方法に10年後のお肌の美しさを大切に考えた「こだわり」を持ち続けています。

「自分の肌のことなんだから、誰よりも詳しくなりたいっ!」

できるだけ、肌に刺激を与えず、肌を守り抜く。 ここから出発するクロロフイル美顔教室のスキンケアは、皮膚治療により近い「手」当てと呼びたいもの。 人の「手」を当てて、どこまでが心地よくどこからが刺激になってしまうかを、見極めることが重要でした。 コットンではなく、ガーゼを使う、 皮膚の割線(毛なみ)にクロスしたパッティングの動きを厳守する、リズミカルに一定の速さで手を動かすことで、心理的にも満足感を得るなど、クロロフイル美顔教室でなければ体験できないスキンケアの極意が確立されています。 これはもう職人技といえるもの。 教室に足を運んで、このワザを身につける。 このプロセスがどうしても必要な理由はここにあります。

わたしたち黄色人種は、白色人種と比べてより多くのメラニン色素をもって生まれています。 宿命とも言えるこの肌を美しく保つには「メラノサイトを刺激して活性化させない」ということが何よりも大切。 メラニンによる色素沈着を抑えようと様々な化粧品を使ったり、厚化粧をしたり肌をこすってみたり・・・。 良かれと思って試してきたこれらは 肌をしげきしてしまう 実は最もいけない行為だったのです。 肌を取り巻く様々な刺激からいかに肌を遠ざけ、そのままの肌を守り通すか。 クロロフイル美顔教室は、誕生して以来、この一点をみつめ、日本人の肌にふさわしいお手入れ方法を磨き続けてきました。